花紅柳緑
ribon2214.exblog.jp
ブログトップ
<   2016年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧
春の足音
朝我が家の雨戸を開けると
かすかに良い香りがしているのに気が付く
もしやと思い目を移すとやっぱり咲いて居ました
沈丁花の花 今年は早い様な気がします
先日季節外れの初夏の様な日が有ったせいでしょうか
人間もですが木々も最近の異常気象には驚いて居る事でしょう 
e0204508_22184190.jpg


先日買い物がてら友人と汐留ミュージアムで開催中の
『世界遺産キュー王立植物園所属イングリッシュガーデン』の
ボタニカル・アートを見に行って来ました
22万点ものボタニカル・アートを収集して居る世界有数の植物園
そのうちの150点ほどが展示されて居ました
まるで写真の様なち密な筆ずかいに書いた人の根気よさに驚くばかりでした
ウイリアム・モリスのデザイン画なども展示され懐かしい思いでした
e0204508_22185516.jpg

[PR]
by ribon2214 | 2016-02-22 22:50
春一番
一昨日から昨日にかけていきなり春を飛び越え初夏の様な気温になりました
本当に「ビックリポン」です!
今日は又冬に戻り10度に満たない気温とか 身体の方もビックリして居ます

急な暖かさに今年は咲くのが遅かったクリスマスローズがやっと咲き始めました
去年の夏の暑さに早咲きの根が傷んで残念な事に枯れてしまいました 早咲きは
毎年暮れの内から咲き始めるのに今年は残念な事に2月になってやっと咲き出しました
e0204508_1128163.jpg

レッドファイヤーはまだ硬い蕾の状態です

今年初めての美術館行き 友人と楽しんで来ました
段々歳をとって「大丈夫かしら」と言いながらの梯子です
e0204508_11323445.jpg

e0204508_11324138.jpg

一件目は新年からの展示なので長寿や子宝、富みや繁栄、等を象徴する絵が多く展示されていました
中でも引きつけられたのは「伊藤若冲」の表情豊かに、鶏を描いた押絵貼り屏風『群鶏図』でした

次に行ったのは六本木の森アーツセンターです
「フェルメールとレンブラント展」17世紀オランダ黄金時代の巨匠たちの絵画
目玉はフェルメールの『水差しを持つ女」です
女性に当たる朝の光が印象的な作品でした
二人の巨匠はほぼ同じ時代を生きオランダで描いた絵なのですが
其々の違う雰囲気を楽しめた展示でした
e0204508_1150325.jpg

[PR]
by ribon2214 | 2016-02-15 12:16